子宮頸がん子宮体がん

増加傾向にある乳がんと合せて、早期発見が“ガキ”


女性だけが持つ臓器に「子宮」があります。

その子宮に出来るのが「子宮がん」ですが、乳がん同様に定期健診で早期に発見できるようになりました。

自分自身を守るためにも、正しい知識をもち今一度確認してみましょう。

 

子宮がんとは?


子宮

「子宮」にできるがんを総称して「子宮がん」と言います。医学的には頸部に発症するものを「子宮頸がん」と呼び、体部に発症するものわ「子宮体がん」と区別しています。

同じ子宮に発症するがんでも、その性質や治療方法は異なります。

ちなみに日本人が発症する「子宮がん」のうち、約6割から7割は「子宮頸がん」のようです。

子宮頸がんとは?

子宮頸がんとは

「子宮頸がん」は、30歳くらいから増加し始め440歳から50歳に発症数のピークを迎えます。

子宮がんの集団検診が全国的に普及したことにより早期に発見される例も増加し、死亡率は年々低下しています。

ですが最近では20歳代での発症が急増しているために、2004年から自治体が行う健診の対象年齢を20歳からに引き下げられました。

従って20歳を迎えたら、症状の有無に関わらず年に一度は「子宮がん検診」を受ける必要があります。

 

子宮体がんとは?

妊娠時に胎児が成長する子宮の内壁膜から発症するがんを「子宮体がん」と言います。

40歳代後半から増加し、50歳代~60歳代にピークを迎えますがその後減少していきます。

ただし、最近は「子宮体がん」は年齢に関わらず増加傾向にあります。

原因としては働く女性が増えたことにより抱えるストレスや、食生活を含めた生活サイクルの変化などが考えられていますが、はっきりとしたことは現在でも解明されていません。

 

子宮がんの原因と症状


子宮頸がん

子宮頸がんの症状

「子宮頸がん」は、現在まだはっきりしていませんが、性生活、出産などと関係を持ち、ヒトパピローマウイルスの感染者が発がんに関与しているのではないかと考えられています。

そのため、最近では一部のヒトパピロマウイルス感染を予防できるワクチンが可能となっています。

その他に、喫煙などもリスクを高める要因と言われています。

 

症状として、月経以外や性行為時の出血、普段と違う“おりもの”が増えたりします。

他に、月経量が増えたり長引くこともあるようです。

 

子宮体がん

エクササイズ

「子宮体がん」増加の原因は不明ですが、欧米化した食生活に伴い、動物性脂肪の摂取量増加、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の長期にあたる過剰な刺激などの関係が疑われています。

 

「エストロゲン」は、排卵後の卵巣や胎盤から分泌される「プロゲステロン」というホルモンと共に、月経・妊娠・出産をコントロールしています。

 

しかし、何らかの原因でプロゲステロンが分泌されず、エストロゲンだけが単体で分泌される期間が長くなると、子宮体がんのリスクが高まると言われています。

妊娠・出産経験のない方、無排卵が主に挙げられます。

また、副腎から分泌される「アンドロゲン」というホルモンは、脂肪の中でエストロゲンに変換されます。

そのため皮下脂肪が多い「肥満体」の人は、それだけ多く「エストロゲン」の影響を受ける事になります。

 

子宮体がんの症状は、早いうちから月経と無関係で出血する例があります。

また、月経時に出血が量が増える事も多く、閉経後に少量で且つ期間の長い出血がある時は、産婦人科を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。