本当に痛い痛風

血液中には「尿酸」という物質が含まれています。その濃度(血清尿酸値)の値が高い(0.7㎎/dl)と「高尿酸血症」と言います。

この尿酸値が高い状態が続き、尿酸が関節に沈着することで炎症がおきます。これが「痛風」と呼ばれるものです。

 

痛風患者の多くは中高年の男性と、閉経を迎えた女性に多く見られます。

痛風を発症させる多くの原因は、食生活を含めた「生活習慣」の蓄積によるもので、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足など、総合的な不摂生です。

高血圧や糖尿、脂質性異常などの合併症を起こすリスクも含まれますので注意が必要です。

 

合併症の多くは本人さえも気づきにくい場合があり、知らずに進行していきます。

自覚症状がないままに腎臓の働きが低下し、腎障害を起こしたり、動脈硬化を発症して血管系のトラブル起こしやすくなります。

 

尿酸と痛風発作が起こるメカニズム


「尿酸」は、細胞の核酸を構成する成分である、「プリン体」が分解されて生じる物質のことをいいます。作られた尿酸は腎臓を経て尿として排泄されます。

 

正常な状態では、尿酸の合成と排泄のバランスがとれているために、体内の尿酸値は常に一定に保たれています。これを「尿酸プール」と言い、健康な成人の場合、体内に約1,200ml.の尿酸が蓄積されています。しかし尿酸が過剰に生成されたり、排泄されにくくなると尿酸が増えて血液中の尿酸値が高くなります。

 

痛風が起こりやすい場所

この状態を放置していると、尿酸が血液内に溶解しきれず、関節など節々に溜まってしまいます。

尿酸の結晶は針のような形をしています。

 

溜まってしまった尿酸を血小板が異物と捉え、激しい痛みを伴った炎症を起こします。

これが「痛風発作」です。

痛風という名前の由来は、風か当たっただけでも痛いという例えからきていると言われています。

 

尿酸値は男性の方が高い傾向にあり、これは女性ホルモンが尿酸の排泄を促すためで、女性のほうが体内に溜まり難いと考えられています。

 

痛風(高尿酸血症)の原因は?


「痛風」は高尿酸血症が原因で発症し、尿酸が血液中にたまり過ぎた状態を言います。

遺伝的な体質でも発症する場合もありますが、その多くは食習慣を含めた生活全般の不摂生が関係しています。

 

原因その1

尿酸は腎臓でろ過され老廃物となり排出されますが、腎臓機能が低下することによって尿酸がされ難くなります。

原因その2

尿酸はプリン体が分解されて出来る「代謝産物」ですが、代謝過程を阻害してしまい、尿酸が多く作られてしまいます。また、プリン体を多く含む食材を摂りすぎると、肝臓に尿酸の原料が多く送られるために、尿酸値が高くなります。

 

痛風の症状


痛風の症状

症状は突発的に発症します。

猛烈な痛みが足の親指の付け根に起こりますが、膝より下の関節であれば各所で起こる場合がほとんどです。稀に手首や指に発症する場合もあります。

痛んだ部分は赤く腫れ、発症した場所によっては歩行困難に陥る場合があります。

これが慢性化すれば、内臓にも影響が出始めます。

腎臓の働きが低下して、「痛風腎」と呼ばれる腎障害を起こしたり、常に多量のの尿酸を尿中に排出していると「尿路結石」が出やすくなります。

 

痛風(高尿酸血症)の予防


アルコール摂取量

アルコール摂取量

痛風に限った事ではありませんが、過度なアルコールの摂取は痛風を引き起こす「プリン体」を体に摂り込む量を増加させます。

プリン体を多く含むものとしてビールがあげられますが、その他のアルコール飲料にも含むものがあります。注意が必要です。

高タンパク質の食事

高タンパク食事

こちらも痛風に限った事ではありませんが、アルコールの過剰摂取以外で痛風の原因となるのが「動物性タンパク質」を多く摂りすぎる事によっても起こります。

タンパク質は健康維持に必須の栄養素ですが、過剰な摂取かえって逆効果です。

体重の維持

体重の維持

健康維持の基本は「体重管理」からとも言われています。

体重の管理は年齢を重ねていくのに比例して難しくなっていきます。その理由は、脂肪を燃焼させる代謝の衰えもあります。

日頃の食事量と内容の見直し、そして一日の運動量を今一度確認してみましょう。

血液検査

血液検査

血液を調べる事ことによって痛風のリスクについても数値で知ることが出来ます。毎年受ける行政の健康診断の結果表に「尿酸値」として掲載されていると思いますので、お手元にある方は今一度確認してみましょう。

適度な運動

適度な運動

長時間続けられる「有酸素運動」がおすすめです。

軽めのジョギングや水泳・サイクリングの他、ウォーキングなとも良いでしょう。

瞬発的に心拍数や呼吸数が上がる「無酸素運動」ではなく、適度に負荷がかかる運動を捜してみましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めない

残念なことに日本人はストレスの発散が下手ということです。

仕事以外の趣味など没頭できるものがよいですが、飲酒はストレス発散にはなりません。

あくまでも精神的にリラックスできるものがストレス発散に役立ちます。

■野菜・海藻・水分をしっかり摂る
尿酸は尿が酸性に傾くと溶けづらくなります。そうなると排泄が困難になるために「尿管結石」を発症するリスクが高まります。
尿をアルカリ化に傾けやすい、野菜や海藻類などは「プリン体」が少ない食材なので、これらを中心とした食事内容を心かげましょう。
また、尿の排出を増加させると尿素の排出も増加しますので、水分を多く摂りましょう。
■アルコール摂取を控える
繰り返しの説明になりますが、アルコールの過剰摂取は「痛風」を誘発させる一番原因です。もちろん痛風に限らずアルコールの摂りすぎは、体にとってマイナス以外何もありません。
1日:日本酒は1合・瓶ビールであれば1本(中瓶)程度が適当ですが、肝臓への負担も考え「休肝日」を週に2日は設けるようにしましょう。
■とにかく体を動かす
ご自身の体力に見合った運動を取り入れてみましょう。その場合急激に心拍数や呼吸数が上昇するものではなく、ゆったり長時間続けられるものが良いでしょう。激しい運動を無酸素運動といい、「心臓」「筋肉」「肺」の機能を向上させるのに対し、ゆったり続けるものを「有酸素運動」と言い、体の代謝向上など目的とした場合はこちらが良いでしょう。痛風予防であれば、長めのウォーキングでも十分に効果を期待できます。

痛風の治療


何はともあれ激しい痛みと炎症を抑えるために「非ステロイド抗炎症薬」が処方されます。

多くの場合この対処方法で発作が収まれば、その後は日頃の食事内容などの改善で予防が図られますが、腎臓等に合併症が認められた場合は、別途投薬治療が行われる場合があります。

 

痛風の原因となる尿酸値を上げないために、一日2リットル程度の水分補給を行います。

これは先に説明のように、尿酸は尿によって排出されるからです。

尿酸を体内に留めておくことは「尿管結石」を発症させるリスクもあり、これもまた症状が表に出れば、わき腹付近に大きな痛みを伴った発作が起きます。

 

高尿酸血症の診断基準


痛風の判断基準

7.0㎎/dlを越えるものを高尿酸血症と言います。この場合性別は問われません。

お手元に健康診断の結果がある方は、「尿酸値」の項目を見てみましょう。数値が7.0に近いほどリスクが高いと言えます。

7.0 を越えてしまっている方は、いつ何時発作が起こってもおかしくない状況ですので、注意が必要です。