薬の副作用

近年の目覚ましい医療の発展と進歩は目覚ましいものがあり、結果日本人の平均寿命を延ばすという大きな功績として現れました。

ですが一方で「薬の副作用」という問題が付きまとっているのも事実です。

 

この副作用によってどのようなどのような障害が発生するのか。

日頃からお薬のお世話になっている方、長期間通院されている方は特にご覧いただきたいです。

 

薬剤性肝障害とは?


薬剤性肝障害

「薬剤性肝障害」とは、薬が原因で起こる肝障害のことを指し、慢性的な身体のけだるさ、食欲不振、吐き気など消化器系の症状に始まり、発熱、発疹、痒み、黄疸等が現れる場合があります。

また、薬の直接作用によって起こる「中毒性肝障害」と、「アレルギー性感染障害」に区別されます。

 

特定の薬剤に対して過敏に反応すると、アレルギー反応を起こし肝障害を発症させてしまいます。

どの薬が危険を伴うかは使用する本人の体質によって異なりますが、身近で簡単に手に入る市販の「風邪薬」でも起こる場合があります。

また、抗生物質によっても発症す例も多くあります。

 

薬の量は使用最小限で


薬の量

副作用を避けるためには、余計な薬を服用しないことです。

薬の種類によっては肝臓に大きな負担をかけるものもあり、繰り返しの連用、飲み続けることによって慢性の肝障害をこき起こすものもあります。

治療を受ける際に、今まで服用してきた薬などで過敏に反応した経験がある場合には、その旨を医師に告知することがとても大切です。

 

中毒性肝障害

薬の大量投与や長期の服用によって起こります。

放置した場合、急激に肝機能が低下する「肝障害」を起こしたり、胆汁の流れを阻害するなどして「肝硬変」に移行してとしまう場合があります。

投与された薬は、肝臓内にある体内の栄養素などを摂り込む細胞によって代謝分解されますが、その代謝によって発生する物質により、細胞が障害を起こすことが原因であると考えられています。

 

アレルギー性肝障害

薬が体質に合わず、肝臓の細胞を損傷してしまうために起こり、特にアレルギー体質の方が発症しやすい障害です。この場合、一般的に使用されている多くの薬でも起こる可能性があり注意が必要です。

 

投与された薬は、肝臓で代謝をしている肝細胞においで、その過程で高分子構造の「タンパク質」と結合し抗原体を得るために、細胞性免疫に異常が起こることで障害が出ると考えられています。

  • 過敏症とは、特定の物質が体内に侵入するとそれに対して体が過敏に反応する現象です。数年前から問題になっている「シックハウス症候群」がこれに似た症状にあたります。
  • 細胞性免疫とは、体内に抗体が入ると、主にT細胞が増殖・活性化されて直接、抗原と特異的反応をする免疫のことです。

※T細胞=白血球中のリンパ球と呼ばれる細胞のひとつで、異物から体を守る免疫の司令塔にあたり大切な細胞集団です。

 

薬本来の役割を知り上手に活用する


薬の役割

そもそも薬本来の役割は、体の不調に対して原因となっている部分に直接働きかけて進行を食い止めることが主な働きであり、健康を取り戻すためのきっかけにはなりますが、健康になるためのものではありません。

 

健康を取り戻すのは、人間が生まれ持っている「治癒力」であり、これがしっかり働くことで、健康を取り戻しバランスを保つことが出来る訳です。

しかし、状況によっては「薬の力」を利用することも健康を取り戻すためには必要です。

薬か持っている効果を上手に利用する事、同時に利用することによる副作用等を十分熟知し、活用することが必要かと思います。