日本の伝統食の納豆は、私達日本人にはとても身近な健康食として食されています。

それは納豆菌が腸内で善玉菌をサポートしたり、大豆に含有される植物性タンパク質がとても優秀であったりと様々な要因があるからです。

 

そしてもう1つ大切なのが、近年注目されている納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」と言う成分です。

そのナットウキナーゼは、どんな働きをして私達の健康にどのような効果が期待できるのか、摂取方法は?気を付けなければならないポイントは?など解説していきたいと思います。

 

ナットウキナーゼとは?

ナットウキナーゼとは、納豆菌が大豆を発酵させる時に作りだす「タンパク質分解酵素」を指します。

あのネバネバの中に存在するのがナットウキナーゼです。

よく納豆菌とナットウキナーゼを混同する方がいますが、全く別物です。

大豆を発酵させた食品には様々な酵素が存在しますが、ナットウキナーゼは納豆にしか存在しない成分です。

 

 

ナットウキナーゼの効能効果とは?

ナットウキナーゼは、別名「血栓溶解酵素」とも呼ばれ、直接血栓を溶解させる効果が最も有名です。

血栓とは血液中にできる血の塊で、血管を詰まらせる原因のひとつです。

ナットウキナーゼは、血栓を溶解させる他、血栓を溶けにくくしてしまう物質の抑制、血栓の予防などの働きがあります。

さらに血流の改善や血圧降下、血小板凝集抑制作用などが確認されています。

 

 

脳梗塞の予防

脳梗塞は血の塊である血栓が脳の血管に詰まり、脳に血液が届かなくなることで引き起こされます。ナットウキナーゼによって血栓ができにくいようにしておくことで、脳梗塞の予防に繋がると期待されています。また、ナットウキナーゼには血中コレステロール値を下げる作用があるためこれも脳梗塞の予防に役立ちます。

 

心筋梗塞の予防

心筋梗塞は血の塊である血栓が冠動脈内に詰まり、閉塞した結果心筋に血液が届かなくなることで心筋が壊死に陥る状態です。ナットウキナーゼによって血栓ができにくいようにしておけば心筋梗塞の予防に繋がると期待されています。

 

生活習慣病の予防

ナットウキナーゼは、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を引き起こす活性酵素の発生を抑える作用があります。よく耳にする「抗酸化作用」で生活習慣病の予防効果が期待されています。

 

お通じ改善

ナットウキナーゼは腸内で善玉菌を増やす効果が期待されているため、便秘の予防や解消にも役立ちます。

 

 

ナットウキナーゼの効果的な摂取方法とは?

効果的な摂取時間

効果的なナットウキナーゼの摂取時間は、できれば就寝前が望ましいとされています。

脳梗塞や心筋梗塞の発生率は深夜から早朝にかけて高く、同時に深夜から早朝の時間帯は特に血栓ができやすいと言われているためです。

寝ている間は水分も不足がちになり、血液がドロドロの状態になりやすいので、就寝中の血流改善、血栓予防のためにも就寝前が最も効果的と言えるでしょう。

 

効果的な摂取のタイミングは?

夕食後から就寝前の間にナットウキナーゼを摂取するのが効果的なタイミングと言えます。

理由として空腹時は胃酸が強く、上手く通過、吸収ができないためです。

ナットウキナーゼは、摂取してから10~12時間の持続力があると言われているので、夕食後に摂取した場合、血栓ができやすいとされる深夜から早朝にかけての時間をサポートすることができます。

 

効果的な摂取量の目安は?

血栓を溶解するナットウキナーゼの活性を表す単位をFUと言い、1日2000FUが摂取量の目安とされています。

納豆1パック(50g)には約1500FUのナットウキナーゼがあると言われているので、1日に1~2パックの納豆を食べることでクリアできます。

 

ナットウキナーゼは熱に弱い!?

ナットウキナーゼは、比較的熱に弱いので注意が必要です。

水分が多い状態で50度以上になると、活性度合いが急激に低下してしまい、反対に水分の少ない状態だと、100度でも大丈夫な場合があります。

水分の多い、少ないで活性度合いが左右されるようです。

ナットウキナーゼの摂取が目的ならば、加熱をせず、そのまま納豆を食べるのが理想的です。

 

 

ナットウキナーゼの注意点は?

ナットウキナーゼだけを摂取する場合には特に問題はないのですが、納豆には、抗血液凝固剤(ワーファリン)の効果を薄めてしまうビタミンKが含まれているので、ワーファリンを処方している人や、医師より納豆など、ビタミンKを含んだ食品の摂取を控えるよう指導されている人は注意が必要です。

 

 

ナットウキナーゼ含有のサプリメントの選び方は?

上記のようにビタミンKを摂取できない場合、納豆は苦手だけどナットウキナーゼは摂ってみたい場合などに活躍するのが、ナットウキナーゼ含有のサプリメントです。各メーカーから販売されているのでそれらを利用するのも良いかも知れません。

ただし、様々な種類があるので、下記に選ぶ際のポイントを紹介します。

 

 

ナットウキナーゼの含有量が十分であること

前記のように、ナットウキナーゼの効果的な1日の摂取目安は2000FUです。

中には、1000FUしか入っていない製品もあるので、ナットウキナーゼの含有量は必ず確認しましょう。

 

日本ナットウキナーゼ協会認可の(JNKA)マークがあること

日本ナットウキナーゼ協会は2003年1月に納豆由来成分を含有する機能性健康食品の国内外製造業者と販売業者により設立され、消費者に納豆由来成分の健康機能を認知されるよう啓蒙活動や、安全で高品質な製品を安定供給するための規格基準を定める活動をしています。

JNKAマークは協会が定めた規格基準適合品の証票であり、合格した製品にはJNKAマークの使用が許可されます。

選ぶ際の目安として、認可マークがあると安心でしょう。

 

ビタミンKが含有されていないこと

ナットウキナーゼをサプリメントから摂取する最大のメリットはビタミンKが入っていないことです。

中には納豆をただ乾燥させて粉末にした製品もあるので、ビタミンKを除去したものが望ましいと言えます。

 

前記のように、納豆には血栓をできにくくしたり、血液をサラサラにする効果を持つナットウキナーゼと、反対に血液凝固作用のあるビタミンKを同時に含んでいます。

ビタミンKも体には必要なものですが、血液サラサラを目的とした場合にはビタミンKは無い方が良いので、ビタミンKが入っていないものを選ぶと良いでしょう。

 

普段の生活習慣や食事内容にも気を付けながら、ナットウキナーゼを上手に摂取して、いつでも若々しさ溢れる健康的な毎日を送りたいものです。