ヒートショックは心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす現象を言います。

冬のヒートショックによる心筋梗塞・脳梗塞を予防しましょう!

「ヒートショック」という言葉を聞いたことがあります?

聞きなれない言葉かもしれませんが、ヒートショックというのは、急激な温度変化が体に及ぼす影響の事です。

 

冬の入浴時や冷暖房のきいた部屋から外に出た時に起こりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性があります。

ヒートショックが原因で亡くなる方は年間1万人以上いる言われています。特に寒さがく厳しくなる冬場に起こりやすくなりますので、予防方法などを知っておきましょう。

 

血圧の乱高下が原因の場合も

人間の体には、環境の変化に合わせて体温を常に一定に保つ働きがあります。暖かいところでは血管が拡張して血圧は下がり、寒いところでは血管が収縮して血圧は上がります。

温度の変化が緩やかであれば問題はありませんが、急激な温度変化にさらされた場合は、血圧や脈拍にも急激な変化が起こります。これがヒートテックと呼ばれる状態です。

 

浴室の温度を管理が必要です

冬の時期、暖かい居間と暖房のない脱衣所や浴槽との温度差が10℃以上に起こることはまれではありません。

このような温度環境の場合、暖かい場所から寒い脱衣場への移動、そして熱い湯船への移動という小さな動きの中での急激な温度変化が短時間のうちに起こり、これに伴って血圧の急激な上昇や下降が引き起こされます。

ヒートショックは脳貧血を起し転倒する場合も

ヒートショックは体に大きな負担をかけるため、冬の入浴中に起こる突然死の大きな誘引となります。たとえば、血圧が急激に上昇した場合は、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などで死亡する恐れがあります。逆に急激に血圧が低下した場合は脳貧血を起し浴槽でめまいを生じてけがをしたり、おぼれたりする危険性がありがちです。

 

温度差が大きくなりがちな12月・1月は入浴の突然死が最も増えるのですので特に注意が必要す。

 

入浴に伴う『血圧』の変動。

  1. 寒い脱衣所での衣服を脱ぐと、体から熱が奪われないように毛細血管が収縮し血圧が上昇!
  2. 浴槽に入り熱い湯に触れると交感神経が緊張するため、血圧が急激に上昇!
  3. 浴槽内で肩までどっぷり湯に浸かると水圧により心臓に負担がかかり、さらに血圧が上昇!
  4. その後入浴内で体が暖まると血圧が拡張し、血圧が上昇!
  5. 浴槽から上がると水圧がかからなくなるため、血圧は降下します!
  6. 入浴後、脱衣所が寒いと暖まった体が冷えるため、熱が奪われないように再び毛細血管が収縮し血圧が急激に上昇します。

 

ヒートショックを受けやすい人。

ヒットショックを受けやすい人は高齢者、高血圧、糖尿病の病気を持つ人、動脈硬化がある人です。

また、肥満気味の人や無呼吸症候群などの人、不整脈がある人など、次に挙げるような場合にもヒートショックの影響を受けやすいといわれています。

  • 65歳以上の方。
  • 高血圧、糖尿病、動脈硬化がある。
  • 不整脈がある。
  • 自宅の脱衣所や浴槽に暖房器具がない。
  • 熱いお風呂が好き。
  • お酒を飲んでから入浴する事がある。

 

ヒートショックの予防と対策。

冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、居間と脱衣所と浴室の温度差をできるだけ小さくしておこくとが大切です。また、ぬるま湯のお湯加減でじんわり体を暖めるようにしましょう。

加えてトイレにも小さな暖房器具を用意しておくと良いでしょう。

 

<ヒートショックを防ぐ入浴法>

  • 脱衣所に暖房器具を置くなどして、入浴前の脱衣所を暖かくしておく。
  • 浴槽の蓋をあけて、服を脱ぐ前に浴室の床に暖かいシャワーをまくなどして、浴槽を暖めておく。
  • 湯船に入る前に手足といった末端の部分から、かけ湯をして徐々に肩まで沈めていく。
  • 心臓病や高血圧の人は半身浴にし、肩にお湯で暖めたタオルをかける。
  • 入浴時はほんのり汗ばむ程度にする。
  • 湯船から出る際は、急に立ち上がりずにゆっくりと立ち上がり、湯船から出る。
  • 飲酒後の入浴は避ける。
  • 入浴の前後にはコップ1杯程度の水分を補給する。

家族に高齢者や高血圧、糖尿病などの人がいる場合には、入浴中に声を掛けるようにしましょう。

以上を参考に【ヒートショックを予防しましょう】