不妊治療とカルシウムと出産のお話し

カルシウムと妊娠について

受精にはカルシウムが必要です。

ご存知ですか?

妊娠はカルシウムが存在してはじめて結合!

精子が成熟し、活発に働くためにはカルシウムが必要とされます。したがってカルシウムを充分に摂っていない男性の精子は働きが鈍く、活発に動くことが出来ません。

また、精子の周辺は高濃度のカルシウムがあり、受胎は1万分の1のカルシウムをもつ精子が卵子に流れ込むという現象です。

 

卵子も同じように充分なカルシウムがないと精子を受け入れることが難しいとされ、たとえ精子に到着しても充分に情報を伝えることができないと受精は起こりません。

夫婦のどちらかがカルシウムの摂り方が少ないと精子や卵子の働きが鈍くなり、不妊になりやすい要因の一つになります。

 

妊娠の合併症はカルシウム不足から?

妊娠中の合併症について

せっかく妊娠しても、無事に出産することはとても大変なことです。

つわりがある方などは、これが激しくなると妊娠中毒症や妊娠腎、もっと重症になると子癇(しかん)といって、高血圧、腎臓障害、けいれんを起こし、命を落とすこともあります。

このような妊娠の合併症は十分なカルシウムを摂っていないこと、つまりカルシウム不足によって起こることも最近明らかになってきました。

 

カルシウムは吸収され難い成分?

カルシウムは摂りずらい成分

また、赤ちゃんの骨を作るために、母体でし沢山のカルシウムが必要になります。

しかしカルシウムは吸収され難い特徴があるため、普通にカルシウムを摂るだけではカルシウム不足になりがちです。その不足分を補うために骨からカルシウムを補うようになります。その際、必要以上のカルシウムが漏れ出すと、カルシウムは血管や腎臓にたまりその結果、高血圧や腎不全などの合併症がおこります。

 

成人1日のカルシウム摂取量目安は約600㎎です。しかしカルシウムは体内に吸収され難い成分ですから実際に摂取出来る量は600㎎のうち約半分程度になります。

妊娠中は赤ちゃんの骨を作るために、2倍の摂取量が目安となります。

 

安産のためにしっかりした骨盤形成にもカルシウム!

骨盤の形成にもカルシウム

骨をしっかり保ち、骨盤の形を変えないようにして、産道を赤ちゃんが通れるように維持するのもカルシウムの働きといわれています。そしてカルシウムの働きを支えているのが、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンです。このホルモンは子宮と卵巣を成熟させて受胎に備え、また妊娠を無事に続けさせる役目をします。

 

またもう一つ大切なのは、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きです。

妊娠帳はどうしてもカルシウムが不足しがちになり、不足分を補うためにやむなく骨のカルシウムを溶かして間に合わせようとします。その時、エストロゲンはしっかり働いてくれます。

 

陣痛とカルシウム

陣痛は子宮の筋肉が縮んで赤ちゃんと胎盤を押し出します。その時の仕掛けもカルシウムが筋肉の細胞の中入ることが信号になります。

以上のことから、まずはご夫婦で積極的にカルシウム摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。

カルシウム不足では正常な陣痛と出産はできません