乳がんは生活習慣だったり、生まれつきという事もあるようです。

乳がんは増加傾向でも早期発見で治癒率が向上します。

近年日本では乳がんの発症数、死亡者数ともに増加傾向にあります。

ただし早期発見と治療法の進歩で治る確率は向上しています。乳がんは30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎えその後は減少します。


乳がんは卵巣から分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンが関与していると考えられ、乳がんになりやすい傾向として次のことが挙げられます。

 

①月経期間が長い(初潮が11歳以下・閉経が55歳以上)
乳がんの発生は、エストロゲンが乳腺組織に作用する期間が長いほど高くなることが知られています。月経中はエストロゲンが規則的に分泌されるために、月経が長いほどリスクが高まるということになります。
近年
食生活の欧米化により、日本人は発育も体格も良くなり、それによって初潮が早くなったり、閉経が遅くなる傾向があります。
②初産年齢が高い(30歳以上)・出産経験がない。
妊娠中はホルモン環境が大きく変わり、これが乳がんの発生を抑える傾向に作用すると言われています。
③肥満。

閉経後は卵単に代わって副腎から分泌される「アンドロゲン」というホルモンが、脂肪組織に豊富に含まれる「アロマターゼ」という「酵素」によりエストロゲンに変換されます。そのため肥満の人は乳がんのリスクが高くなります。

④家族歴。

母親や姉妹などに乳がんになった人がいる場合は、乳がんのリスクが少し高くなります

乳がんの症状として。

乳がんは他のがんの場合と違い、かなり進行しても食欲がなくなる、痩せるというような全身症状はほとんどありません。

もっとも代表的な症状で、乳房内にしこりができること。がんが周囲に広まってくると、乳房の皮膚にくぼみやひきつれなどが起こることがあります。

 

乳がんは自己検診、早期発見・早期解決で解決できます。

乳がんの自己検診の仕方。

乳がんができやすい部位

 乳がんの早期発見に最も効果的なのは自己検診です。

女性の乳房は、女性ホルモンのエストロゲンと、プロゲステロンの影響を受けて、周期的に変化します。

月経前は乳房が張って硬くなり、乳頭の感覚なども敏感になります。
乳がんの自己検診に適しているのは、月経開始から約1週間後のホルモン分泌が少なく、乳房に張りのない時期に毎月1回、月経後1週間目頃に、また閉経したら毎月日を決めて自己検診をする習慣を付けると良いでしょう。

「乳房にいつもと違うしこりがある」
「乳房や周辺部に湿疹やただれがある」
「乳房がひきつれる」
「乳頭から血液や分泌物が出る」
などの症状があるかチェックをし、少しでも異常に気付いたら専門医の検査を受けることが大切です。

 

乳がんの予防は、適度な運動とストレスの解消、バランスの取れた食事。

乳がんは脂っこい食事が原因の場合もあります。

油を大量に摂取する食事は控えましょう。

乳がん予防にはストレスを溜めない事も大切です。

自分でリラックスできるものでストレスを解消しましょう。

乳がん予防には緑黄色野菜がおすすめです。

ビタミンA、C、E、βカロテンの多い緑黄色野菜を摂りましょう。

乳がん予防には適度な運動が大切です。

体を動かす習慣をつけて肥満を予防しましょう。