健康維持に役立つビタミン・アミノ酸・ミネラル栄養成分一覧

普段の食事などから摂れる栄養素が、どのような働きをして私達の健康生活に役立っているかご存知でしょうか?

「キレイ」を維持するために必要な「エイジングケア」をはじめ、健やかに毎日を過ごす為に必要な各種栄養素を一覧にしてみましたのでどうぞご覧下さい。

 

アミノ酸

主に、鶏卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、アジ、鮭、カツオなどに多く含まれます。


乳酸 体を形成するたんぱく質で、必要不可欠な栄養素です。
リンゴ酸 疲労回復、抗アレルギー作用を助けます。
クエン酸 疲労回復、血液の浄化を助けます。
アスパラギン酸 有害物質の排出、神経の保持。
リジン 細菌、ウイルスに対する抗体作用を助けます。
スレオニン 脂肪蓄積の予防、成長促進のサポート。
アルギニン 成長ホルモンの合成に関与します。特に子供には必要不可欠。
ヒスチジン 神経機能の補助や関節のストレスをサポート。
フェニルアラニン 慢性的な関節のトラブルを助けます。「うつ」に対しても働きかけることが、近年の研究で認められています。
チロシン 神経伝達物質の材料で、脳や神経の働きをサポートします。
メチオニン うつ状態の治療に用いられていることでも知られています。不足すると利尿作用の低下やコレステロールの沈着の原因にも。
バリン 成長を助け、血液中の窒素バランスを維持します。
グリシン コレステロール値のバランスを維持します。
グルタミン酸 体内では脳の健康維持に必要に栄養素です。
アラニン エネルギー源として大変重要。体に必要な糖の合成に必要になります。
プロリン 皮膚、粘膜の健康維持に必要なコラーゲンの原料となる主要成分です。
セリン 皮膚の健康維持を助ける他、脳機能の維持も期待されています。

ビタミン

主に、大豆、のり、ニンニク、シジミなどの貝類、ピーマン、牛レバー、しいたけ、くだものなどに多く含まれています。


ビタミンB1 エネルギーの効率的な産生と、皮膚、粘膜の健康維持、疲労の回復が期待できます。
 ビタミンB2 皮膚、粘膜の健康維持の他、全身の成長をサポートします。
ビタミンB6 エネルギーの産生と皮膚、粘膜の健康維持のほか、神経の働きをサポートします。
ビタミンB12 貧血を予防することで長目沙それています。赤血球の産生を助けます。
ビタミンC 免疫力をサポートし、様々な外敵から健康を守ります。
ビオチン

代謝助け、健康な皮膚、粘膜、髪を作る大切なビタミンです。

葉酸

たんぱく質の合成に大切な細胞が新しく作られる際に必須とされるビタミン。体の発育を助けます。

イノシトール

脂肪やコレステロールの流れをスムーズに保つサポートをします。

ミネラル

主に、ひじきなどの海藻類、ホウレン草、サツマイモなどの根菜類、牡蠣、干しエビ、ゴマなどに多く含まれています。


カルシウム 骨や歯を作ることはもちろん、神経や心臓の鼓動を正常に保つなど、その他健康に重要なミネラルです。
 鉄 体温維持、疲労防止、成長の促進など体中に酸素を運搬する役割。
カリウム 細胞の浸透圧の維持、血圧のバランス、筋肉の働きをサポートします。
マグネシウム 体内酵素の働きをサポートしながら、カルシウムの働きを助ける、健康維持に重要なミネラル分です。
亜鉛 新しい細胞を生成するために酵素に重要な成分。体の新陳代謝に必須なミネラル分です。
リン カルシウムに次いで骨や歯を作る主要な材料の他、エネルギーの運搬、貯蔵、神経機能をサポートします。

糖質

代表的なものでバナナ等に多く含まれています。

ガラクトオリゴ糖 たんぱく質の消化や吸収、腸内環境をサポートします。

いろんなものを少しずつ摂り入れましょう。

一番大切なことは、1つの食材に偏らずバランスのとれた食事を心がける事がせ大切です。

雑誌やテレビなどでこの食材が良いらしいと紹介され、それを集中して摂る事は、他の栄養素を摂る機会を失うことになってしまい、体に良いことはありません。


一日の食事で、「海のもの」「山のもの」「里のもの」と大きく分類するなどして、献立を立ててみるのも良いかもしれません。