「大腸がん」は女性が比較的多いと言われています。

大腸の主な役割は、水分の吸収と便の形成。

人が食べたものは、体内で分解(消化)されて栄養分が吸収され、最後には便として排出されます。この一連の活動が行われる、口から肛門まで続く1本のつながった管を「消化管」と呼びます。


大腸は、この消化管の一部で肛門の直前にあります。
食べ物の栄養分のほとんどが先に消化活動を行う小腸で吸収され、栄養分がほとんどないドロドロしたものが大腸へ送られてきます。大腸の主な役割は、食べ物の栄養分の残りと水分を吸収し、そのほかの成分を肛門へと運ぶことです

大腸の中を移動していく内に、だんだんと水分が吸収されて硬くなり、S状結腸と直腸に蓄えられます。そしてある程度の量が貯まると便意が起こり肛門から便として体外に排出されます。

 

大腸を構成する4つの部位。

大腸は食べ物のかすを体外へ排出するための大切な器官です。

 大腸は長さ1.5~2メートルほどの臓器です。

小腸の太さが五百円硬貨と同じぐらいなのに対し、大腸はその2~3倍ほどの太さがあります。
片方の端は小腸とつながり、もう片方の端は肛門へと続きます
大腸は、小腸に近い順に「盲腸」「結腸」「S状結腸」「直腸」の部位に大きく分けられます。

大腸の壁は層状のつくりになっています。もっとも内側は滑らかな粘膜になっているので、便を肛門へとスムーズに運ぶことができます。
大腸とその周囲には、血管やリンパ管、神経が張り巡らされています。

 

 ■血管

枝分かれした多くの血管が、大腸のいろいろな部位へ血液を届けています。

 

■リンパ管
血管と同様に体の中に張り巡らされているリンパ管には、体内より排泄された物質を運ぶリンパ液が流れています。

 

■神経
直腸の近くは、膀胱や尿道、男性の前立腺や女性の膣などへ、脳からの命令を伝える神経があります。

直腸のがんを切除する手術で、神経を傷つけてしまうと、排尿機能や性機能が正常に働かない場合があります。

 

大腸がんの初期は自覚症状がほとんどなし。

 大腸がんは、大腸の壁のもっとも内側にある粘膜から発生します。

粘膜にできたポリープが、がんに変化する場合と、粘膜から直接がんが発生する場合があります。

粘膜より深いところまでがんが広がっていないうちは早期の段階です。早期の大腸がんの場合自覚症状はほとんどありませんが、下記のような症状が現れます。

 

●排便の変化
血便が出る。
便が細くなる。
下痢と便秘を繰り返す。
出し切ってない感じが残る。
●お腹の変化
お腹の張っている感じがする。
腹痛が起こる。
お腹にしこりがある。
●その他の変化
貧血が起こる。
嘔吐する。
急激な体重減。

新美健スタッフより一言アドバイス。

便秘を解消させるためにと真っ先に思い浮かぶのが「食物繊維」を大量に摂る事ですが、ただやみくもに食物繊維を摂っても逆に便秘を悪化させてしまう場合があります。

食物繊維は、種類によって水分を大量に吸収するものがあり、これを大量に摂れば便の水分を必要以上に吸収してしまうからです。

 

例えば便秘のために食物繊維を摂るのであれば、生で食べるより、柔らかく火を通した野菜スープなどにするなどがお勧めです。
また、運動等をあわせて取り入れれば、より効果的です。


大腸がんの検診

【便潜血反応】

【注腸造影検査】

【直腸指診】

【画像検診】

【大腸内視鏡検査】


大腸がんの治療

大腸がんと診断がつけば、どの程度のがんか、肝臓や肺などの遠隔臓器に転移があるかどうかの検査が行われます。

がんの広がりの程度に応じて治療法も異なります。

現時点における大腸がんの治療は、早期がんでも、進行性のがんであっても基本は外科療法(手術療法)となります。
がんを切除する方法は、がんの進行性や発生部位によって異なりますが、早期がんであれば60%~70%は内視鏡的治療で済むようです。

進行性がんは外科治療(手術療法)を補助する目的で、放射線療法や抗がん剤を用いる化学療法や、免疫療法が併用されます。

 

免疫療法について。

生体には本来、体外から異物が入ってくるとその異物(抗原)を攻撃し、排除しようとする働きがあります。

がんに対してもその増殖を抑制しようとする「免疫作用」があります。
この免疫力を増強することによって、がんを克服しようというのが免疫療法です。