子供の成長と共に、より重要になってくる食事量と栄養ですが、悩まれている親御さんもいらっしゃると思います。

成長と共に食事量は増加しますが、好き嫌いがはっきりしてきます。

そこで栄養バランスや食事量などをどのように考えればよいでしょうか。

 

栄養バランスの基本・主食3・副食2・主菜1

親御さんが一番気になる事かもしれません。

理想的な栄養バランスについては、食事一回で主食(米・パン・麺類など)、副食(野菜・きのこ・海藻など)、主菜(肉・魚・卵・大豆)を3:2:1のバランスになるのがベストと言われています。

 

このバランスは普段の食事ばかりではなく、弁当を作る際にも応用が可能で、この比率で作る事で栄養バランスが良くなります。

育ち盛りの子供の場合、カルシウムとビタミン、鉄分など必須栄養素の摂取量が少ない傾向がありますので、こちらを意識してみましょう。

 

外食などの頻度が多い場合、これらのバランスを保つ事が難しくなるので、自宅で食事を作る場合は一日の食事内容をトータルで考える必要があります。

例えば、朝に主食が多めだった場合は、弁当や夕食に副食や主菜を多めに取り入れるなどしてみるのも方法です。

 

成長著しい子供の場合、3度の食事だけでは栄養補強が間に合わない場合があります。

そのためにおやつを有効活用するのも良いでしょう。

この場合お菓子ではなく、ヨーグルト・果物・おにぎりなどを軽めのもので十分です。

 

 

良く噛んで食べる事が基本

最近は、固いものを食べさせること自体があまり意味がないと一部では言われていますが、それはあくまでも「顎を鍛える」事に対しての話であって、良く噛んで食べることは大変理にかなっている方法です。

 

良く噛んで食べることは、唾液に含まれる消化酵素の働きによって胃腸での消化を助ける働きがあります。

この方法をしっかり実践すれば、消化不良による下痢や便秘の予防になり、効率が良い栄養吸収の助けにもなります。

またよく噛んで食べることは「満腹中枢」を刺激して、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

これは成人にも当てはまる事ですので、親子で実践して生活習慣病の予防に役立てて頂きたいものです。

 

 

食事量には個人差があります

これは成人でも言えることですが、特に子供の場合食事量に開きがあることは特別不思議ではないものです。昨日は完食できたものが今日は食べ残すという現象があっても、基本心配はありません。

一週間のトータルでどの程度開きがあるが観察し、平均して食べる量が一定であれば食事量や栄養バランスに問題はないと言えます。

ただし一週間を通じで食事量が少ないと感じた時は、便秘やその他の病気等も考えられますので注意して観察してみましょう。

 

子供の成長を確認する簡単な方法は体重や身長を計測してみるのが一番手っ取り早いですが、ここで注意が必要なのは、新陳代謝が著しく活発な子供の場合、活動量の多さもあり体重がなかなか増加しない傾向がありますので、仮に体重や身長が平均値以下であっても元気であれば特に問題はありません。

 

 

日々のコミュニケーションが大切

子供の食事についてはどの時代も悩まれるものです。

気にしすぎるあまりに調理の負担が大きくなり、つづけるのが大変という事態は避けたいものです。

細かく考えず、まずはご自身で大まかな食事のルールを決めパターン化してしまい、それに則れば良く、こだわり過ぎない事が肝心です。

 

子どもの好き嫌いを無くしたい思いはどの親でも同じです。その思いから無理やり食べさせることは避けましょう。食事自体が苦痛と思われてしまえば、それだけで大変です。

好き嫌いを無くすためのマニュアル自体はありませんが、ひとつだけ言えることは「家族みんなで食卓を囲む事」かと思います。

 

子供とのコミュニケーションを密に取っていれば、心身の成長具合も観察できます。

今一度考えてみましょう。