小児がんのお話し

小児がんで最も多いのが「白血病」

子供の「がん」は、主に15歳未満の子供に発生する悪性腫瘍の総称で。小児がんとも呼ばれています。

がん患者全体の中で、子供が占める割合は、1%程度です。日本では、年間2,500人の子供にがんが発生しています。

子供のがんは、大人のがんによくみられる、肺がん、胃がん、大腸がんなどは、ほとんど見られず、大部分が肉腫といって体の深い部分に起こるがんです。

 

子供のがんで最も多いのが「白血病」です。次に「悪性リンパ腫」「脳腫瘍」「神経芽腫」と続きます。白血病の中でも急性リンパ性白血病が殆どで、2歳~5歳の子供に多く、4歳に発生のピークがみられます。

 

子供のがんは、全身の細胞が活発に分化、増殖している時に何らかの原因で細胞が障害を受け、遺伝子が突然変異を起こすために発生すると考えられているようです。

発生は、胎児期から乳幼児の0歳~3歳し、少年少女期の8歳~15歳くらいで、細胞が盛んに増えて、体が大きく成長する時期といわれています。

 

 

小児がんの特徴

子供のガンの特徴は、増殖スピードが早く、急激に増加し、全身に増大し、広がりやすいという特徴があります。

しかし、抗がん剤がよく効くため、治癒率は70%といわれています。

乳幼児期に発生するものは、症状を自分で訴えることが難しいため、日頃から小さな変化を見落とさないことが大切です。

微熱が続く、顔色が良くない、食欲がない、体重が減った、不機嫌になった、動きがぎこちなくなるといった全身の症状や、おむつを変えるときなども、しこりやふくらみを感じるものも注意が必要です。



小児がんの検査方法

子供のがんは、尿中や血液に特異な物質(腫瘍マーカー)が出ることによって発見される事もあります。

治療に役立つ検査として、超音波検査、X線の単純撮影やCT検査、MRI検査など、子供が痛い思いをしないで出来る検査が中心となります。

これらの画像検査は、がんの広まりを知ることが出来るために非常に重要な意味を持ち、また血液のがん、白血病でなくても小児がんは、骨髄に転移しやすいため、骨髄検査も必要とする場合もあります。



小児がんの治療

大人の場合と同様に、化学療法や外科療法、放射線療法があります。

これらの特徴を生かして併用治療が行われます。

化学療法とは抗がん剤よる治療のことで、この療法は、一般に子供のがんによく効くため、子供のがんにおいては化学療法の重要性が高くなっています。