たくましさをたもつ男性ホルモン

男性ホルモンとは、アンドロゲンと呼ばれ、男性らしい、たくましい体をつくったり、皮脂分泌や体毛発育を促進するといった働きがあります。

 

男性ホルモンって何?

アンドロゲンには、ジヒドロテストステロン(DHT)やアンドロステロン、テストステロンなど、いくつか種類があります。メインとなるのがテストステロンで、アンドロゲン全体の約95パーセントを占めています。


脳の視床下部から指令を受けて、脳下垂体から性腺刺激ホルモンである、LH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されます。

 

これらのホルモンは、女性の場合は卵巣エストロゲンとプロゲステロンの分泌に働いていますが、男性の場合は精巣に働きかけます。

LHは精巣のライディッヒ細胞と呼ばれる細胞内でテストステロンの分泌を促します。

また、FSHは精子を育てる役割を持つセルトリ細胞に働き掛け、精子形成を促進させます。

 

-【アンドロゲンの作用】ー

アンドロゲンの作用

テストステロンの量には個人差があり、多い人と少ない人では、見た目や性格に影響することがあります。テストステロンが多い人は、骨が太く筋肉も大きいため、がっしりとした体格になり、すね毛や髭も濃くなります。また、性格面では決断力や行動力に優れています。

 

一方で、アンドロゲンが少ない人は、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて、ふっくらとした顔立ちになります。体毛は薄く、すね毛や髭もあまり生えません。性格面では、穏やかな人当たりのよい人が多いといわれています。

 

テストステロンには、男性特有の筋肉質な体を作るだけでなく、内臓脂肪が付くのを抑えたり、造血作用や動脈硬化の抑制作用、性欲増進や精子の形成にも働きます。また、テストステロンには5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって代謝され、DHT(ジビドロテストステロン)に変換されます。

 

DHTも、テストステロンと同じように、皮脂の分泌や体毛の発育を促進させる働きなどを持っています。しかし、テストステロンは体の各組織の受容体と結びつきやすい、DHTに変換されることで、作用しやすくしているのです。

 

アンドロゲン減少による不調

男性の更年期

「疲れやすい」「やる気が起きない」などの症状は、アンドロゲンの低下によって起こることがあります。更年期障害といえば、女性の病気であると思われがちですが、男性にも更年期障害は起こります。

 

女性は閉経を迎えると急激にエストロゲンが低下し、それとともに不調を感じるので「更年期障害である」と自覚しやすいのですが、男性の場合はゆっくりアンドロゲンが減少していくため、症状の現れ方も緩やかで、更年期障害となるタイミングが分かりにくいのです。

これまでは、なかなか眠れない、やる気が出ない、イライラするなどの不調は精神的なものであると考えられていました。

 

しかし、近年の研究で、これらの症状はホルモンバランスによるものだと分かり、「男性更年期障害」と呼ばれるようになりました。男性更年期障害は、アンドロゲンの低下が原因で起こるものの他に、成長ホルモンや副腎皮質ホルモンの一種である糖質コルチコイドの分泌異常によって起こります。

特に、アンドロゲンが原因となるものを「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼びます。LOH症候群の症状は大きく分けて3つあります。

やる気が出ない、イライラする、集中できない、眠れないなどの心の症状
②  肩こりや腰痛がひどくなった、体がほてる、耳鳴りがするなどの体の症状 
性欲が弱くなったなどの性関係の症状
男性にも更年期があります

男性は女性に比べて身体的症状が目立たず、心の症状のほうが強くみられることが多くあります。そのため、うつを疑って、心療内科で薬を処方される方も多くみられます。

 しかし、このような症状は、アンドロゲン低下が原因となっているため、抗うつ剤などではなかなか改善されません。

 

アンドロゲン低下の最大の原因はストレスです。男性は闘争心が強く、弱みを人に見せることを嫌う傾向があります。そのため、仕事や結婚、介護での悩みなどがあっても、誰にも相談せず、一人で抱え込みがちです。その結果、いつの間にかストレスが大きくなっていることに気が付かず、体を壊してしまうのです。

 

また、加齢や肥満などによってもアンドロゲンは低下します。ほかにも無理なダイエットを続けることでテストステロンの原料であるコレステロールが不足して、分泌が低下することがあります。

 

男性ホルモンのバランスを整えるための日常ケア

食事

アンドロゲン低下を抑えるために、アンドロゲンと似た働きをし、生成を促す効果のある食材があります。

①ねぎ類

玉ねぎには、含流アミノ酸の一種である硫化アリル(アリシン)が含まれています。硫化アリルには、血液をサラサラにして血栓を防ぐほかに、テストステロンの合成を促進させるといった、男性にとって嬉しい効果を持っています。


玉ねぎは硫化アリルを分解する酵素も持っています。そのため玉ねぎを切ってそのまま放置していおくと、硫化アリルはどんどん壊されてしまいます。玉ねぎを切ったらすぐに調理して食べてしまいましょう。
また、硫化アリルは水に溶け出るので、スープなどに入れると、無駄なく摂取することができます。

 

②しじみ

テストステロンや精液をつくり出す精巣と前立腺には、多量の亜鉛が存在し性機能を保つために働いています。そのため、亜鉛が不足すると、テストステロンが減少したり、精子の活動が弱くなってしまいます。


亜鉛は牡蠣やうなぎ、レバー、しじみなどに含まれていますが、特にしじみは安くて、季節に関係なく手に入れることができるのでオススメの食材です。
亜鉛はもともと吸収率の高い栄養素ですが、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が上がります。

 

③やまいも

アンドロゲン最大の敵はストレスですが、やまいもやおくら、納豆など、ねばねば食材に含まれる「ムチン」には滋養強壮があり、ストレスを緩和し、疲労回復によいといわれています。そのため、ムチンが多く含まれるやまいもは昔から「精のつく食べ物」といわれています。

 

④運動

仕事中にストレスを感じる男性も多いのではないでしょうか。

ノルマを抱えていたり、人間関係に悩みを持っていたりなど、体は常に緊張状態にあります。