40歳代を境に近くの文字が読みづらくなった、またはピント調節がうまくいかないといった症状が出始めるのは、機能の衰えのひとつである「老眼」です。

早い人であれば30歳代の中盤からで出始めますが、平均すると45歳前後なると多くの方が、何かしらの変化を感じるようになります。

 

「老眼」は誰でも起こる目の老化現象ですが、そのまま放置するのではなく早めの対策で目の若さをキープしていきたいものです。

 

老眼の仕組みご存知ですか?

目の中には水晶体と言うカメラのレンズのような役割をする組織があります。

物を見る時にはその水晶体の厚さが変化をして、最適なピントに合わせる仕組みになっています。

この現象に関わっているのが「毛様体筋」という筋肉で、これが水晶体とつながっており、物を見る時には引っ張ったりしてピントを合わせています。

 

ですが、この機能が年齢と共に衰え始め、また水晶体自体も柔軟性を失いつつあるので、ピントを合わことが難しくなっていきます。

 

スマホ老眼では?

「老眼」は初老の症状だと思われがちですが、最近は20歳代~30歳代の若年層に「手元のピントが合わせずらい」「視界がぼやけるときがある」など、老眼によく似た症状を訴えることが増加傾向にあります。

 

スマートフォン・タブレットなどを長時間にわたり見続ける事で「毛様体筋」が常に緊張状態にあり、疲労が蓄積されることで老眼に似た各症状が現れると考えられています。

 

目の若さをキープするには?

老眼の進行を抑えるための基本は、目に出来る限り負担をかけないする事です。

水晶体の厚みのを調節する毛様体筋に負担を掛けないようにして、衰えの進行を遅らせることです。

●目の疲れを取る

  • 疲れがたまったときには目を温めるのも良いとされています。
  • パソコンなど目を酷使する作業を行う場合は、1時間ごとに休息を入れる。
  • 遠くのものを見るなどして筋肉の緊張を和らげる。

●紫外線から目を守る

水晶体に柔軟性がなくなってくる原因の一つは紫外線です。

紫外線をカットできるサングラスや帽子などを積極的に使用してみましょう。

 

●ブールライトをカットする

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から発せられる「光」事を言い、これが目に負担を掛けるとされています。

長時間の使用を避けるか、液晶画面にブルーライトをカットできるフィルムの使用を検討しましょう。

 

●ストレスを溜めないように

過度なストレスが続く緊張状態は、目の毛様体筋も緊張状態にあり疲労が蓄積していきます。

出来るだけ緊張状態が続かないような工夫が必要です。

 

●毛様体筋は鍛えられます

  1. 力を入れて目をつぶります。
  2. 目をパッと見開き、顔面を固定した状態で目を1周ぐるっと回す。
  3. これを1分~2分程度行うことで鍛えることができます。

●視力に合った老眼鏡を使用する

近くのもが見えづらいままの生活は、持続的に目に負担を掛けている状態です。

負担を感じている時は老眼鏡の使用を検討し、合ったものを作りましょう。

 

目の健康を保つ食事内容

目の健康を保ち「老眼」の進行を遅らせるためには食事内容も関係します。

まずはバランスの取れた食事内容を意識してみましょう。

特に下記のような食材がおすすめの様ですので、積極的に摂るようにしてみましょう。

 

【ルテイン】

ほうれん草・ブロッコリー

【アスタキサンチン】

ブルーベリー・鮭・イクラ

【ビタミンA】

ニンジン・小松菜・レバー


【ビタミンB1】

豚肉・うなぎ・玄米

【ビタミンB2】

納豆・うなぎ

【ビタミンC】

ピーマン・ジャガイモ

グレープフルーツ


負担を掛けない生活を

普段の何気ない生活の中で、知らず知らずのうちに目に負担を掛けるようなことをしていないでしょうか?

物事の判断を区別する大切な「目」です。負担を掛けないよう心掛けましょう。