肺がんを学びがんの早期発見につなげる

「肺ガン」とは?

「肺がん」は、現在世界で最も患者数が多い「がん」です。また、日本においてもがん部位別死亡率3位となっています。

「がん」の中でも進行が早いがんで、初期醜状があまりないため発見が遅れがちということが言えます。

肺がんは、がん細胞の状態によって「小細胞がん」と「非細胞がん」に大きくわかれます。細胞がんはさらに「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」に分かれます。

 

肺がんの「特徴」

小細胞がん

増殖が早く、脳、リンパ節、肝臓、副腎、骨などに転移しやすい悪性度が高い。

 

非細胞がん

「腺がん」は発生率が高く、ほとんどが肺の末梢に発生します。

「扁平上皮がん」は気管支壁にできることが多い。

「大細胞がん」は増殖が早く、がんと診断されて時には大きながんであることが多い。

 

「肺がん」の原因

1、最もはっきりしている原因は「喫煙」です。

肺がんの原因喫煙がはっきりしています。

喫煙者の肺がんリスクは、非喫煙者のの4.5倍と言われています。また、喫煙開始時期が早く、喫煙指数が高い程、肺がんにかかるリスクが高くなります。

2、生活環境によるもの。

生活環境でも肺がんの原因になります

アスベストやディーゼル車の排気ガスなど、大気汚染による影響も大きな原因だと考えられています。

3、遺伝的要因によるもの。

遺伝的にも肺がんになる場合があります

がんと遺伝子との関係も、近年の遺伝子研究の進歩によって、徐々に解明されつつあります。

4、様々な要因が重なればリスクは高まります。

様々なリスクが重なれば肺がんになりやすくなります

一般の人よりも高い頻度で発生する危険があると考えられる人で、50歳以上の人も禁煙指数が1日喫煙本数×喫煙年数が600を超える人、「がん」に掛かった事がある人、家族にがん患者がいる人、日常的に排気ガスや有害物質にさらされる生活を送っている人などです。

肺がん発症最大の要因は喫煙が最も多いです。

「肺がん」の症状

肺がんの兆候咳

「咳」は、異物を排除しようとする反射的な反応で、肺がんで最も多くみられる症状です。

肺がんの兆候痰

「痰」は、気管の分泌物にチリやほこり、細菌など加わったもの、肺がんよくみられる症状で、細菌ウィルスなどによる気管の感染がおこると、痰が増殖します。

肺がんの兆候痰に血が混じる

「血痰」は、痰に血が混じったものです。歯茎からの出血や鼻血と混同されることあるので注意が必要です。

肺がんの兆候声がかれる

「肺がん」が進行して、声を出す生体の動きを調節する神経を麻痺させたときに起こる症状です。

肺がんの兆候その他

胸骨痛、背部痛、発熱などです。

また、がんが進行すると、顔や首にむくみや、呼吸困難、体重減少、食欲低下なども起こります。

肺がんの発生率は50歳を過ぎると急激に高くなりますので定期健診を受けるなどの予防をしましょう。