気をつけたい薬の副作用

 目覚ましい医療の進歩、新薬の開発は、日本人の平均寿命を延ばすという大きな功績として現れています。
ですが、同時に「お薬の副作用」という問題が付きまとっているのも事実です。
この副作用によってどの様な障害が発生するのでしょうか。日頃から多くお薬を飲んでいる方や、長期間通院されている方などは特にご覧下さい。

 

薬剤性肝障害って?

薬剤性肝障害って?

 薬剤性肝障害とは、薬剤の使用が原因で起こる肝障害のことをいいます。症状として、全身のだるさ・食欲不振・吐き気など消化器の症状、そのほかに発熱・発疹・痒み・黄疸等があげられます。

また、薬剤の直接作用によって起こる「中毒性肝障害」とアレルギー性感染障害に区別されます。
特定の薬に対して過敏症があると、アレルギーを起こし肝障害を起こしてしまいます。

どのような薬が危険であるかは、その人の体質にもよりますが、風邪薬も、抗生物質などによるケースも多くあります。

 

薬の使用は適量最小限で

薬の使用は適量最小限で

 

対策としては、余計な薬は飲まないように気をつけることが大切です。
薬には、肝臓に対して毒性を持つもの、同じ薬を飲み続けることで慢性の肝障害を引き起こすものがあります。治療を受ける時には、今までどの薬で過敏症を起こすことがあるかを医師に伝えることがとても大切です。

 

中毒性肝障害

 薬の大量投与や長期服用に起こります。放置すると急激に脂肪肝を起こしたり、胆汁の流れに障害をなどをお越し、肝硬変に移行することがあります。投与された薬は、肝臓内にある体内の栄養素などを代謝している細胞に取り込まれ代謝されますが、その間に代謝される産物により細胞が障害を起こす事が原因であると考えられています。

 

アレルギー性肝障害

 薬が体質に合わず、薬に対して肝細胞を傷つけるために起こります。特にアレルギー体質の人に起こりやすい障害です。また、どのような薬によっても起こる可能性もあります。投与された薬は肝臓で代謝をしている肝細胞において、その過程で高分子のタンパク質と結合し抗原性を得て、細胞性免疫に異常が起こり障害が出ると考えられています。

 

  • 過敏症とは、特定の物質が体内に入ると、体が過剰に反応し病気が発症すること。
  • 細胞性免疫とは、体内に抗原が入ると、主にT細胞(白血球の中のリンパ球と呼ばれる細胞の一つで、異物から守る免疫の司令塔で大切な細胞集団)が増殖・活性化されて直接、抗原と特異的反応をする免疫のこと。

薬の役割を知り上手に活用

薬の役割を知り上手に活用

 

そもそも薬を飲む目的は、体の不調となる原因に対して、それ以上悪化しないよう抑える事が目的で、健康になるためのものではありません。
健康的な身体を取り戻すのは、生まれながらに持っている免疫力と、自然治癒力が行います。この力がしっかり働くことで、健康バランスを取り戻すことができるのです。

状況にもよりますが、時には薬の力が必要な場合がありますので、利用することも必要でしょう。しかし、薬の力だけでは取り戻せないのが「健康」です。
薬の役割を知りそして上手に付き合い、同時に日頃の生活習慣などを見直して理想とする健康生活を実感したいものです。