脳梗塞のお話し

お父さんの友達が脳梗塞で倒れたの…。

大事に至らなかったけども、すっかり気落ちしているのよ。

 

脳梗塞ってどういうもの?

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つを合わせて「脳血管障害」といいます。

 

脳梗塞とは、脳の血管が何らかの原因で細くなるか、つまってしまうことにより血管障害が生じ、その血管から血液を供給されている脳組織の酸素や栄養素が不足して、その部位の組織が壊死(えし)してしまった状態をいいます。

脳梗塞は起こった原因によって、次の種類にわけられます。

 

ラクナ脳梗塞

主に加齢や高血圧などが原因で、脳の深部にある抹消血管がつまり、その結果直径が、15ミリ以下の小さな脳梗塞ができた状態。「ラクナ」とは「小さなくぼみ」と言葉。

 

心源性脳管栓症

心臓の中にできた血栓が脳に流れて血管を詰まらせている状態。

 

アテローム血栓性脳梗塞

歯に合わないつめものなどのまわりにはプラークがたまりやすくなります。

発症の割合としては、ラクナ梗塞が5060%、心原性脳寒栓症が2030%、アテローム血栓性脳梗塞が20%程度です。

 

ワンポイントアドバイス。

脳梗塞のアドバイス

脳血管障害は、いわゆる脳梗塞のことで、血管がつまって起こる脳梗塞と、くも膜下出血の大きく分けて3つのタイプにわけられます。いずれの場合も脳がダメージを受けてしまい、たとえ命が助かっても後遺症が残ること多い病気です。

 

日本人の死因の上位3位は、第1位が悪性新生物(ガン)第2位が心疾患、第3位が肺炎、続く第4位が脳血管障害となっています。

 この順位だけ見ると脳血管障害が少ないと感じるかもしれませんが、それは大間違いです。

死亡数では脳血管障害は減少していますが、医療技術の発達によりすぐに死に至るケースが減っただけであって、脳血管障害の患者数は増え続けているのが現状です。

 

脳血管障害は、高齢者ほど発症しやすいため、超高齢化社会に突入した日本では、今後また上昇していくことが予想されます。かつては、高塩分食などよる高血圧が原因の脳出血が多かったのですが、最近では欧米化による糖尿病や脂質異常症の増加による脳梗塞が増えています。

脳梗塞が発症しないような生活習慣病を心がけることが大切です。 

 

どんな症状があるの?

脳梗塞は壊死した脳の部分によって脳機能が異なるため、さまざまな症状が起こります。その症状によって、脳のどこに病巣ができているのかがわかります。

脳梗塞のほとんどは、突然の発作にはじまり、症状が急速に進んで数分から数時間で脳の組織が壊死してしまいます。脳梗塞で身体が動かせなくなると、合併症も現れています。

 

典型的な症状としては、半身不随や半身麻痺、しびれ、運動障害、感覚障害、言語障害、意識障害、昏睡などをおこします。

また、脳梗塞の症状として、一過性虚血発作と呼ばれる前兆がある場合がありますので、この前触れを見逃さないようにすることが非常に重要です。

 

ワンポイントアドバイス-「一過性虚血発作(TIA)とは」

 脳の血管が一時的(数分から24時間以内)に途絶えた状態で、脳梗塞とほぼ同じ症状がおきます。この前触れが起こる確率は3割程度です。脳梗塞と同じように血栓が脳の血管に詰まることにより発症するのですが、詰まっていた血栓などが、自然に溶けて、途絶えていた血流が再開するため、症状も短時間で治まるので、脳の細胞の損傷はほとんどないことが多いのです。


そのため、TIAが起きたことをすぐに忘れてしまいがちですが、一過性虚血発作が有った場合、その10%が一年以内に、30%が5年以内に脳梗塞を発症すると言われています。また、最近では、TIA発症後24~48時間の脳梗塞発症リスクが高いことも分かってきています。


この前触れに気づき、脳外科の医療機関を受診して適切な処置をほどこすことが脳梗塞の発症を防ぐことにつながります。

 

何が原因なのかしら?

血管内に血栓ができたり、動脈硬化などで血管がせまくなっていることが発症の原因になります。危険因子として、高血圧、脂質異常症、糖尿病(動脈硬化のおもな原因)心房細動、喫煙習慣、飲酒、肥満、運動不足、加齢などがあげられます。

 

■ラクナ梗塞。

脳の内部の細い動脈が詰まっていたり、壊死して血流が悪くなることにより発症。その最大の原因は高血圧です。

 

■心原性脳管栓症。

脳内の血管に動脈硬化がなくても、心房細動や心臓弁膜症などの心臓の病気は、心室や心房内に血栓が生じやすく、これが血管を流れて脳まで届き突然血管をつまらせることにより発症します。

■アテローム血栓症脳梗塞。

脳の比較的太い血管に起きた動脈硬化が原因の脳梗塞です。糖尿病、高血圧、脂質異常症などで、余分なコレステロールが血管壁に沈着し、そのアテロームが破裂すると、血小板が集まり「血栓」ができて、やがて血管が詰まることにより発症します。

どうしたら予防できるの?解消法は?

梗塞を予防するには上記の危険因子を防ぐことがポイントとなります。そのため、食事の改善など生活習慣の見直しが予防につながります。

■食事。

脳梗塞を予防するには、血中コレステロールを低下させ、血流を良くすることが大切です。代表的な栄養は、DHA、EPA、タウリン、アリシン、食物繊維などです。

また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓予防効果が高いので日常的に食べましょう。

カロリー制限がある方は、ナットウキナーゼのサプリメントがお勧めです。

【栄養素】
DHA・EPA
【作用】
コレステロールや中性脂肪を減らす。 動脈硬化、血栓予防。
【主な食材】
アジ、サバ、サンマ、イワシ、マグロ、ブリなど。
【栄養素】
タウリン
【作用】
コレステロール値を低下させ血圧を正常に保つ。
【主な食材】
イカ(特にスルメイカ)カニ、タコ、カキ、アサリ、ホタテ貝など。
【栄養素】
アリシン
【作用】
血行を良くする、血栓を予防する。
【主な食材】
きのこ類、野菜類、穀類、海藻類、こんにゃくなど。
【栄養素】
食物繊維
【作用】
腸管からコレステロールが吸収されるのを防ぎ、体外へ排出される。
【主な食材】
にくにく、玉ねぎ、生姜、ねぎ、ニラ、らっきょうなど。
【栄養素】
オレイン酸
【作用】
納豆から発見された酵素、血栓を溶かします。
【主な食材】
納豆。
【栄養素】
ナットウキナーゼ
【作用】
血中のLDLを低下させる。
【主な食材】
オリーブ油、ごま油、菜種油など。

■日常でできる予防①「適度な運動をする」

太腿の筋肉を使うウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣にしましょう。

毎日続けるのが理想的ですが、3日あけると効果が低下しますから、少なくとも1日おきに運動するように心がけましょう。


■日常でできる予防②喫煙、飲酒を控える

喫煙は血管を収縮させるので、脳梗塞を発症するリスクが高まるため、過度な喫煙は控えましょう。

飲酒も同様に、血管が収縮しますので飲みすぎないように注意しましょう。


脳梗塞の方にオススメレシピ

玉ねぎたっぷり!いわしのかば焼き丼

いわしには、EPAやDHA、タウリンなどといった注目される栄養成分が豊富に含まれています。これらには、血液の流れをよくする働きや、血液をサラサラにする働き、悪玉コレステロールを減らす働き、中性脂肪を減らす働きなどがあります。さらに、豊富に含まれるビタミンEには、血管を若く保つ効果などがあります。

今回は、血液サラサラ効果のあるたまねぎも入れた丼ぶりレシピの紹介。

 

材料 分量
いわし  8尾
片栗粉 適量
玉ねぎ 中2個
【下味】 
しょうが絞り汁 小さじ1
大さじ1
(A) 
正油 大さじ3
大さじ3
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1~3

早速作ってみよう・・・作り方

  1. いわしは手開きにし、(下味)に10分~20分程度つけておく。玉ねぎはスライスしてラップをし、電子レンジで約2分加熱、しんなりさせておく。
  2. 1のいわしの水分をよく拭き取り、薄く片栗粉をまぶす。
  3. フライパンに大さじ1/2を熱する。
  4. 1分~2分で裏返し、玉ねぎを加えいわし同士が重ならないよう焼く。
  5. (A)を加え、照りが出るくらいまで煮詰める。玉ねぎにも味をしみこませましょう。
  6. ご飯の上に、玉ねぎ、いわし、タレをのせ、お好みで万能ねぎ白髪ねぎを添えたら出来上がり♪

脳梗塞は、生活習慣でだいぶ改善される事が分かったわ。お義父さんは、糖尿病だから気をつける必要があるのね…。

お義父さんにも教えて、一緒に予防しなくっちゃ!