“ベジファースト”ってご存知ですか?

血糖値の急激な上昇を抑えるのに有効な食事方法として、最近されている「ベジファースト」が注目されていますが、そもそもペジファーストって何のことかご存知でしょうか。

実は誰でも簡単に取り入れられる方法のようですので、この機会に知って実践してみましょう。

 

ベジファーストとは?

ベジファーストとは、ベジタブル(野菜)とファースト(最初)の略した造語です。

つまりは、「食事の際に野菜から食べ始める」ことを指します。

具体的には、食物繊維が多く含んでいる野菜類やきのこ類、海藻類などから食べ始めて、肉や魚と言ったものはその後に食べて、ごはんやパンなどの炭水化物(糖質)、といった順番で食べる食事方法です。

<例として…>

  • 野菜を食べる→おかずを食べる→ご飯の順番で食べる

この場合、良く噛んで食べる事も合わせて意識しましょう。

 

ペジファーストのメリットってナニ?

ごはんやパンなどの、糖質が豊富な食品から最初に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇して血糖値を早く下げようとしてインスリンが大量に分泌されてしまいます。

さらに、インスリンは過剰な糖を脂肪に変えるため、インスリンの分泌が多いと脂肪を溜めこんでしまいます。

 

糖質の吸収を抑えるためには、食物繊維を多く含む野菜を先に食べることで血糖値の急激な上昇が抑えられ、インスリンが過剰に分泌するのを防止することが出来ます。

さらに、食物繊維を豊富に含む食材には、硬く、よく噛んで食べる必要があるものが多いので噛む刺激で満腹感を得られ、食べ過ぎの防止にも繋がります。

これはダイエットをされている方にも応用できます。

 

<ベジファーストを実践する効果とは…>

  • 血糖値の上昇を抑えて脂肪を溜め込まない体質に変えられる。
  • 暴飲暴食を予防できる。
  • 便秘の解消が期待できる。
  • 生活習慣病のリスクを下げられる。(糖尿病、肥満、脂質異常症、高血圧など…)

 

外食をされるときのポイント

忙しさなどから外食の機会が多い場合、献立の制約があったりで難しい場合がありますが、外で食事を取る際にも、少しの工夫でベジファーストは実践可能です。食物繊維を含む野菜から食べ始め

ることに加え、血糖値を上げない食事のポイントを伝授しましょう。

 

●定食を選ぶ

主食、主菜、副菜に汁物がセットになった定食を出来るだけ選びましょう。品数も豊富で、野菜が含まれている確率が高いので、ベジファーストを実践するにはもってこいです。

 

●単品ものには野菜をプラス

どんぶりものや麺類、カレーライスなどの単品だけでは野菜が不足してしまうので、野菜サラダやおひたしなどの野菜小鉢を出来るだけ追加しましょう。

 

●野菜がないときは乳製品や豆類を取る

どうしても野菜が取れない場合は、野菜と同じ糖質の吸収を抑える働きを持つ乳製品や豆類、酢お酢でも代用できます。

 

●食物繊維が多い食品を選ぶ

野菜サラダや野菜の小鉢だけではなく、ごはんと一緒に食べるおかずにも注目しましょう。

納豆や長いも、昆布には食物繊維が豊富に含まれています。

 

野菜を先に食べる「ベジファースト」は、食事内容を極端に変える必要もないストレスフリーですので、気軽に始められる血糖コントロール方法です。

毎日の食生活の中で意識して、急激な血糖値の上昇を抑えましょう。