酵素不足は免疫代謝低下の原因に

健康で病気知らずの生活を送りたい…誰しもが思う願いです。

健康のために日頃から栄養に気を配った食事を心がけている方、丈夫な体作りや、少しでも若くいたい。そんな思いから運動を欠かさない方が増えている昨今ですが、毎日続けていくことも大変ですが、確かにとても大切なことです。

でも、それだけでは十分ではではありません。

その理由は…

 

取り込んだ栄養素を分解吸収させ、健康に役立つように作り変える働きは、体内酵素の働きによるもの。
運動することで代謝力をサポートし、骨や筋肉を作り上げ、元気な細胞を維持するのも体内酵素の働きです。

 だから日頃から健康のために気を付けて、努力していることをムダにしないためには、体内酵素の働きを活発にすることが大変重要なんです。

ここで簡単に私達の体内で日夜頑張って働いている体内酵素の働きについてみてみましょう。

 

酵素は生きていくうえで絶対に必要なもの!

「酵素」は生命の営みに大変重要な役割を担っており、酵素の働きによって私達の健康や命が維持されています。現在確認され解釈されているだけでも20,000種類以上の異なった酵素が24時間休みなしに体内で活動しています。

 

「酵素」ってなんでしょう?

酵素は体内で起きる科学変化の触媒です。

「酵素」っていう言葉。よく耳にする昨今ですが、だいたい「酵素」とはどんなモノなのでしょうか?

 

酵素は私達の体内でありとあらゆる化学反応に対し、触媒としての機能をしてくれるタンパク質のことです。

食べたものを消化したり吸収したり、体内で起こる生体反応はすべて酵素の働きによって行われています。

その他、体内にある酵素(体内酵素)以外では、生の食べ物、発酵食品で摂取できる「食物酵素」があります。

 

自分の体を工場に例えるなら、酵素は工場内で毎日休むことなく従順に働く作業員のようなもの。口にした食べ物は、健康、生命に必要な資材として工場に届きます。

 

今度はその資材を荷物をほどくようにバラバラにする作業員が必要になります。

バラバラにした資材を使って新しいものを作ったり、痛んだ工場内を修理する仕事も必要になります。これらの仕事をこなす「酵素」という作業員が存在するからこそ、私達の存在が成り立つのです。

 

酵素の種類

酵素の種類

体内酵素は仕事によって「消化酵素」、外部から摂れる「食物酵素」に分類されます。


これらの酵素がそれぞれの役割をこなします。大きなひとつのチームとして、連係プレーで健康と生命の維持を行っています。

目には見えない酵素

酵素は肉眼で見ることはできないためピンとこない方も多いはずです。想像するのは難しいでしょう。

酵素の大きさは種類によって違いますが、約5~20ナノメートルで、顕微鏡でも見えない極小さなサイズです。その形は球状で形を変えながら動き回り、反応速度も早く、1分間に行う化学反応の回数が約4億回に達するものもあります。

そんな20,000種類ともいわれる酵素も、今後研究が進めばその数も増え続けていくでしょう。


酵素の生産量は決まっています。

酵素の生産量は決まっています。

私達の体は酵素を自ら作り出す機能がありますが、ピークは20歳前後で、その機能は年齢を重ねると共に低下していき40歳頃を境に、急激に酵素の生産量は減ってしまいます。若い時より抵抗力がなくなったなと感じるのはそのせいです。

食生活や生活スタイルに気を配りながら、体内酵素の無駄使いに気をつけていきたいものです。

 

酵素の秘めたるパワーに世界が注目?

酵素大国の日本

かつて一部の欧米人が「日本は土の上で食事を作るひもじい食文化しかない」と言ったとか言わなかったとか…。

ですがその数年後、アメリカの医学博士は日本の食事は効率的に「酵素」が摂れる優れた食文化だと感銘を受けたと言います。

というのも、大戦後間もないアメリカでは、帰還兵を中心に生活習慣病が社会問題となり、これを解決するために「酵素」が必要不可欠という事に気づいたことで、漬物や納豆、みそ、しょう油といった発酵食品を取り入れた日本食が注目されたわけです。


我が日本でも「酵素サプリメント」が多く販売されていますが、その歴史はアメリカの方が長く、先に紹介のように、生活習慣病が問題となった事で、政府自身が酵素サプリメントの開発を後押ししたこともあり、アメリカでは日本以上に酵素サプリメントが大変メジャーになっています。


発酵食品は酵素の宝庫

世界にも食材を発酵させる文化はたくさんありますが、日本の場合、穀物や野菜、大豆などといった植物性の発酵食品が主。

チーズやヨーグルトなどといった動物性の発酵食品が一般人に知られるようになったのは、欧米文化が入ってきた戦後のことです。


かつての東京オリンピックで、日本人選手が多くのメダルを獲得。体格が二回りも違う大柄な外国人選手を相手に、互角に競うことが出来るほどのエネルギー源は、酵素を多く含む食事から生まれたのかもしれませんね。

2020年の東京オリンピックも酵素パワーでメダルラッシュを期待しましょう!。